サロン経営から見えてきた現実

 


はじめまして。
関田紀子と申します。

21歳から美容師をはじめ、それから美容業界一筋でお客様の美のお手伝いをさせていただいております。
美容師を始めたころから一貫して、見た目だけでなく、髪に優しい、肌に良いということに重点を置き、お客様に美しくなって欲しいという思いで仕事をしていました。

 

しかし現実は、良いとされているお洒落の為の美容が、髪や身体にまで負担をかけている事を知り、美しくありたいと思い、その為のケアーをやればやるほどボロボロになっていく…そして悪化すらしているような感覚に悩む日々を送っていました。

それに伴うように、30代半ばには自身の体調にも違和感を覚えるように。
髪はパサつきがひどくなり、白髪も一気に増えてきました。また、乾燥肌には拍車がかかり、超敏感肌になりアレルギー症状も出るように。

髪や肌だけでなく、片頭痛も日常的に起こるようになり、パニック障害も併発。全てが年齢のせいとはどうしても思えない感覚がありました。
今思えば、良かれと思ってやっていたお手入れや薬により、頭皮は炎症を起こし、自ら常在菌が生きていけない肌環境にし、体調不良を招いていたのだと思います。

 

何をやっても納得できる結果が得られずにいた時に出会ったのが、東洋医学に基づいた「予防美容」という考え方です。

予防美容について学び、東洋医学に基づき体のバランスを整えていくと、それだけで私自身の体調の違和感や髪、肌の悩みがみるみるうちに解消されていくのを実感しました。

今までの考え方とは全く違う「予防美容」に出合い、そして自らが体感し、私がやりたいことはこれだ!と感動したことを覚えています。

 

間違ったお手入れが招く結果

かつての私がそうだったように、良かれと思ってやっているお手入れが実はトラブルの原因となっているということも数多くあります。

昔は経皮毒という言葉も、アレルギーとの関係性も知らない方がほとんどでしたが、ここ10年程前から、難治性の脱毛や原因不明な肌荒れなどにお悩みの方が急増しているように感じます。
これらは、良かれと思って間違ったお手入れを続けた結果であったり、もともとの体質から、仕事の環境、生活習慣などまでが複雑にからみあっている事がほとんどです。

残念なことに、中には、クリニックを何件も回って薬づけになっている人も少なくありません。
髪やお肌の悩みは、薬で表面的な症状を抑えることはできても、根本から良くなることはありません。

 

 

根本からの改善で髪がよみがえるサロン

そこで45歳のときに、私自身も体感し、感動しながらずっと追い求めてきた、東洋医学に基づいたケアで根本から美しくなる「予防美容」を取り入れたサロンを本格的にやろうと決心しました。

予防美容を取り入れた施術を始めると、それまで薄毛や白髪などに悩まれてきた方々の髪がみるみるよみがえるだけでなく、その他の不調も改善が見られ、表情が変わり、どんどん元気になっていくようになりました。
これらのことから言えるのは、いくら表面だけを良くしたとしても、人それぞれの違った環境や体質に合った方法でマイナス要因を回避し、体質改善されなければ、いつまでたっても健康な髪はよみがえらないということです。

現在は、東洋医学に基づいたケアで総合的に若返り、結果髪がよみがえりが叶う美容室として多くのお客様にお喜びいただいております。

髪のお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度ヘアーサロンセキタにお越しください。

なりたい自分と貴方に合ったケアアドバイスで、一時しのぎの事でなく、髪や肌が若返りに動き出せるカラダに整える総合的なお手伝いをさせていただきます。